FC2ブログ

在りし日の京浜東北線209系

あれほどあたりまえだった209系ももう思い出の中


IMG_7714.jpg

IMG_7718.jpg

IMG_7719.jpg
2007年1月、桜木町で

IMG_8100.jpg
もう少し春めいた陽気の日に 2007年3月、関内ー桜木町間
スポンサーサイト



さよなら京浜東北線209系


209系が来週の日曜、1月24日をもって完全退役すると聞いた昨日、1月16日に関内駅に滑り込んできた209系!
おそらくこれが乗り納めになる。
209_2.jpg
209_3.jpg
209_4.jpg
「方向幕」もE233系ではLEDに。
209_5.jpg
209_6.jpg
209_7.jpg
さよなら
209_8.jpg
引退告知。

大好きな103系を駆逐した、209系。
でも、活躍を開始するとすぐにこちらも大好きになった。
徹底的に無駄を排した設計は103系と共通の美点。
だからこそ、ワム209、などと嘲笑されたのだけど。
6扉車組み込みで、その壮大な編成は終焉したが、
登場当初の中間T車4連発は「付随車フェチ」にはたまらなかった。


103系に対して
値段半分、寿命半分を目指した209系。
10年の設計耐用年数を大きく越えて17年間活躍した。
その遺産はJRのE231、233系に留まらず、東急など他社にもおよぶ標準設計となり、長く継承されていくはずだ。

寝台特急北斗星上野行き

2007年の夏。
羽田へ戻るため、新千歳空港行き快速エアポートを待つ札幌駅のプラットホームに滑り込んできた北斗星。

目の前の食堂車、「グランシャリオ」では、客室乗務員がこれから始まるディナーの準備に忙しい。

飛行機で帰京を急ぐより、これに乗りたい、と思わないわけにはいかない。

このスシ24型は485系特急電車の食堂車、サシ481型からの改造によって24系25型客車の仲間入りをした、と朧気に記憶している。間違ってたらごめんなさい。

広電

3年ぶりの広島。
広島駅に到着したのは午後5時。
まだ明るかったが、広島港行きのグリーンムーバーmaxで広島日赤原爆病院に着いたらどっぷりと日が暮れていた。
IMG_6268.jpg
ドイツから輸入した5000形グリーンムーバーは
諸々の事情で早々に新造をやめてこの5100形maxを量産。
当然というべきか、残念ながら、というべきかドイツシーメンス製の5000形のほうが段違いに格好いい。
IMG_6270.jpg
ぼくが乗ってきたグリーンムーバーmaxの後を追ってきたのはこの900形。
この電車が大阪市電として大阪市内を賑わせていたのを昨日のことのように思う。

広島はドイツ、ハノーファー市と姉妹都市。
その関係で、ハノーファー市から電車を贈られたりもした。
そしてその関係かどうか、
案内放送のチャイムはハノーファー市電のものかどうか、
ヨーロッパの路面電車でよく聞く、シンプルだけどとても美しいもの。
このチャイムを聞くだけでも広島を訪れる価値がある。

プロフィール

イヌ103

Author:イヌ103
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード